▼目次/カテゴリ「参考資料」の記事リスト(5件ずつ表示)

▼カテゴリ「参考資料」の記事一覧(5件ずつ表示)

参考資料:目次

参考資料:目次 参考資料 < シュラト < TOP

不完全な関連発行物etc.のリスト

  • 個人の主観に基づいたレビューです。
  • ジャンルごとに、概ね発行順に掲載しています。
  • DVD-BOX【1】BOX【2】については、それぞれのページへどうぞ。

ビデオ

CD(全てアルバム)

カセットブック

小説

コミックス

ムック

雑誌&付録

その他

Thanks for

visiting!

参考資料 | EDIT | TOP

ビデオ【1】:TVシリーズ

ビデオ【1】:TVシリーズ(全10巻) 参考資料 < シュラト < TOP

  • 発売元:キングレコード(1989~1990年)
  • ジャケットイラスト:奥田万つ里

基本アイテムのひとつかも知れないけれど、
当時小・中学生だった私には高くて手を出せずじまいでした。
そのため、いつもレンタル屋さんに並べられているものを眺めるだけでしたが、
奥田さんの特徴あるイラストが異彩を放っていましたね。
内容については触れるまでもないと思うので、
ここでは各巻に付けられたタイトルの熟語の意味をメモしておきます。
ただし、意味が複数ある熟語については、解釈がずれてしまっているかも知れません。
もしお気付きの点があれば、ぜひお知らせ下さい。

ちなみに、TVシリーズはLDも出ています。
そちらの方のジャケットも奥田さんの書き下ろしで、
キャラクター1人(or2人)と花がセットで描かれています。
以下の見出しの括弧内は
「収録話数:ジャケットに描かれたキャラクター名」です。
また、熟語の意味は「Infoseek マルチ辞書」で調べました。

Vol.1「転生の章」
(第1話~第4話:シュラト・ラクシュ・レイガ・ガイ)

「転生(てんせい)=生まれ変わること」。
このジャケットイラストは新EDの冒頭にも使われていました。
奥田さんによると「注文どおり描いた」(ニュータイプ1990年2月号)とのことで
いかにも!な構図ですが、お気に入りです。

Vol.2「隘路の章」
(第5話~第8話:レンゲ・マリーチ・ヒュウガ)

「隘路(あいろ)=物事を進めるのに障害になるもの。難関」。

Vol.3「邂逅の章」
(第9話~第12話:レンゲ・ダン・クウヤ・インドラ様)

「邂逅(かいこう)=思いがけなく出会うこと。めぐりあい」。

Vol.4「大我の章」
(第13話~第16話:逃亡5人組)

「大我(たいが)=悟りによって得られる絶対に自由な在り方。真我」。

Vol.5「苦界の章」
(第17話~第20話:シュラト&トライロー)

「苦界(くがい)= 苦しみや悩みの多い世界、すなわち人間世界」。

Vol.6「刹摩の章」
(第21話~第24話:リョウマ&アカラナータ)

この「刹摩(せつま)」の意味が未だによくわかりません。
ネットで検索しても、これだというものが出てこないし。
よっぽどマイナーな仏教用語だったりするんでしょうか。

Vol.7「破軍の章」
(第25話~第28話:ガイ&シヴァ様)

「破軍(はぐん)=破軍星。北斗七星の柄の先端の星、揺光(ようこう)の別名。
 陰陽道では剣先に見たてこの星のさす方向を凶として忌んだ」。

Vol.8「受戒の章」
(第29話~第32話:シュラト・ガイ・ブラフマー)

「受戒(じゅかい)=仏教徒が出家や在家などのそれぞれの立場で
 守るべき戒を受けること。納戒」。

Vol.9「光臨の章」
(第33話~第35話:シュラト&ガイ)

「光臨(こうりん)=他人を敬ってその来訪をいう語」。

Vol.10「輪廻の章」
(第36話~第38話:八部衆)

「輪廻(りんね)=生あるものが死後、迷いの世界である三界・六道を
 次の世に向けて生と死とを繰り返すこと。
 インド思想に広くみられる考えで、仏教の基本的な概念」。
せっかく八部衆全員がそろったイラストなのに、ガイは守護霊のように描かれています。
実際、物語はそういうラストを迎えてしまったのだから
当然ではあるけれど、やっぱり淋しいな……。

(初出:2004.5/31)

Thanks for

visiting!

参考資料 | EDIT | TOP

ビデオ【2】:天空界メモリアルズ

ビデオ【2】:天空界メモリアルズ(全6巻) 参考資料 < シュラト < TOP

  • 発売元:バンダイ(1989~1990年)
  • 収録時間:各巻約30分

TVシリーズ本編をテーマごとに再編集したもの(全てDVD-BOX【2】に収録済み)。
奇数巻はシリアス系、偶数巻はお笑い系です。
こういう「リミックスビデオ」は当時(今も?)とても珍しかったと聞いています。
「シュラト」ではギャグ編CDも何枚か出ていますが、ああいうのも業界初だったとか。
でも、私が初めてはまったのはこの作品なので、
しばらくの間、アニメって何でもそういうものかと思っていましたよ。
ちょっと変わった刷り込みをされてしまったなぁ。

この「メモリアルズ」、リミックスという点も斬新だけれど、
ジャケットイラストを人気アニメーターが競作していることと
それぞれに新作アイキャッチ(作画監督は全て菊池さん?)が
収録されていることも話題でした。
以下の見出しの括弧内は
「ジャケット原画制作アニメーター:
 ジャケットに描かれたキャラ名|アイキャッチのキャラ名」です。

Vol.1「激突!八部衆」
(菊池通隆:シュラト・ガイ・レンゲ・ラクシュ|ヒュウガ)

八部衆同士の戦いをピックアップ。
「手天島編」といっても差し支えのない感じ?
ところで、DVD-BOX【2】 の解説書では、この内容の紹介として
「頑固者では1、2を争うヒュウガとレンゲ」なんて書かれています。
他のみんなについてはもっと普通のコメントなのに、ひどいよ!
……でも、真実だよね(ひどいのはどっちだ)。

Vol.2「天空界・普通じゃない人々」
(後藤隆幸:シュラト・レイガ・ラクシュ&ミー|レイガ)

レイガによる「八部衆+ラクシュの紹介」。
相変わらずの辛口コメントが冴えています。

Vol.3「ひき裂かれし刎頸(ふんけい)の友」
(羽原信義:シュラト&ガイ|リョウマ)

シュラト&ガイの回想シーン集。
見ていると何だか切なくなってしまう……。

Vol.4「天空人・愛のかたち」
(平野俊弘&垣野内成美:
 レンゲ・マリーチ・インドラ様・シュラト・ラクシュ|ラクシュ&ミー)

少女漫画風味なジャケットイラストがとても好き。
中身はそのシリアスなイラストとは正反対な、
明るいノリの「ラクシュによる恋愛講座」。
聞き手は天龍コンビです。
アイキャッチのラクシュの山猫のシャクティ(初期設定より)は
どピンクで目に痛いけど、これはこれで可愛いかも。

Vol.5「きらめく悲運の星ふたつ」
(奥田万つ里:シュラト・ガイ・ヴィシュヌ様・シヴァ様|レンゲ)

シュラト&ガイの対決を、第25話と第35話をメインに編集。

Vol.6「天空ファイト!」
(横井孝二:メインキャラ総勢12名+1匹|アカラナータ&マリーチ)

横井孝二さんはSDガンダムで有名なお方だそうです。
内容はといえば、アカラナータ(=松本さん)の弾けっぷりがとにかくすごい。
ああ、でも、他のみんなもそうか。
お気に入りはトライロー女王様の
「ワンレン・ボディコン・ブランド志向、結婚・退職・玉の輿!」。
ワンレンとか、ボディコンとか、そういう時代だったんですよねぇ。しみじみ。
冒頭のビカラの「(前略)ボロカスにしてしまえー!」もかなり好き。
あの抑揚のない声でこの台詞は笑えます。
巻末には、ファンから募集したイラストもたくさん収録されていて楽しいです。

(初出:2004.6/7)

Thanks for

visiting!

参考資料 | EDIT | TOP

ビデオ【3】:声優界メモリアルズ

ビデオ【3】:声優界メモリアルズ 参考資料 < シュラト < TOP

  • 非売品
  • 製作:バンダイ(1990年)
  • ジャケットイラスト:出渕裕(シュラト&ガイ)
  • 裏ジャケットイラスト:明貴美加(ラクシュ&ミー)
  • 収録時間:約15分

数年前にまんだらけで発見するまで、
こんなものが存在すらことすら知りませんでした。
その後得た情報によると、「天空界メモリアルズ」の全巻購入特典らしいです。
内容はといえば、
「『月刊Newtypeインタビュアーギャルズ(←と裏ジャケに書いてある)』が
 『メモリアルズ』6巻のアフレコ現場を突撃取材」
という感じでしょうか。
その他、堀内さん・山寺さん・鈴置さん・関さん・井上さんへのインタビューや
「メモリアルズ」のイベント(1989年)の様子も、少しずつですが収録されています。

それにしてもたったの15分なんて、短いなぁ。
あと、カメラさんも素人っぽい。
マイクもちゃんと音を拾えていませんよ。もったいない!
声優さん方のインタビューも、ほんとうに少しですし。
まぁ、「メモリアルズ」のおまけだから
ぜいたくを言ってはいけないのかも知れませんが。
でも、これ、DVD-BOX【2】についでに収録しても良かったのに、と思います。
DVDは初回特典も予約特典も何もなかったし、
せっかくなんだから詰め込めるだけ詰め込んで
「メモリアルDVD-BOX」の名に負けない内容にしてほしかった。
出ただけでも、もちろんとてもうれしいし、版権等の問題があるかも知れないけれど。
うーん、わがままかなぁ、これ。

(初出:2004.6/14)

Thanks for

visiting!

参考資料 | EDIT | TOP

ビデオ【4】:OVA「創世への暗闘」

ビデオ【4】:OVA「創世への暗闘」 参考資料 < シュラト < TOP

  • 発売元:キングレコード(1991~1992年)
  • 収録時間:各巻約30分

全巻をご覧になった方の絶対数が少ないのか、
これに関するファンからのコメントを目にすることはとても少ないです。
そして、私が目にした限りでは、どちらかというと評判は良くないみたい。
私自身、おもしろかったどうかを聞かれると、正直なところ辛い……。
えーと、全体的にとても暗いお話です。
でも、あの雰囲気は大好き。
ピエロの人形とか、スクリミールの正体不明の薄気味悪さとか。
その他、細かい見どころはいくつかあるのだけれど、
初めて最後まで見終えた直後は「えー……?」とつぶやいてしまいました。
ちょっと期待外れで消化不良。

各話タイトルには四字熟語が付けられています。
でも、んー、私は漢字も熟語も大好きだけれど、
ここまでなじみのない漢字や熟語を使うのは、いまいちおしゃれではないような。
意味も調べてみたけれど、内容と合っているのかよくわからないや。
このあたり、個人的にちょっとマイナスポイントです。

これ、LDも出てるんだよね。でも、DVDは出ていません。
完全予約限定生産でも良いので、出してくれるとうれしいな。絶対買いますから。
確かにあんまり売れなさそうだけど(すみません)、これも「シュラト」なんだもの。
DVD化を気長に待っておりますよー。

ストーリーに関しては、すでに「人物考察:黒木家の人々」
「同:調和神スクリミール」にて感想を載せているので、
ここではもう触れないでおきますね。
以下は各巻についての役に立たないコメントばかりですが、ご了承下さいませ。
熟語の意味は「Infoseek マルチ辞書」
「新明解漢和話辞典 第三版」(三省堂:1986年)で調べました。

其之一「幻夢肅条」

「幻夢(げんむ)=ゆめまぼろし」、
「蕭条(しょうじょう)=ひっそりとしてもの寂しいさま」。
シリーズ中で唯一明るい第1話。
慣れない人間界でアルバイトに精を出す八部衆の面々。
とりあえず、アンナミラーズで働くレンゲの勇姿だけでも見て下さい。
彼女にはピンクってあんまり似合わない気がするのだけれど、
その似合ってなさっぷりがまた可愛かったりして……(←誉めてます)。

其之二「懐想逝水」

「懐想(かいそう)=?」、
「逝水(せいすい)=?」。
レンゲに対抗して(?)ピンクのパーカーを着るシュラト。
似……、似合ってるよ……。
そういえば、TVシリーズの回想シーン(第13話)でも
ピンクのランニングを着ていましたよね。
逆転生させられた時(第17~18話)も
ピンクのアンダーシャツか何かを着ていましたよね。
あっ、ピンクで思い出した!
ラクシュなんですが、声がちょっと落ち着いてしまっていて残念。
あのキンキン声が聞きたかったのにー。

其之三「聖者逢遇」

「聖者(せいじゃ)=信仰心があつく、すぐれた修行を積んだ信者」、
「逢遇(おうぐう)=偶然出会う」。
偽レンゲ登場&レンゲのシャクティ装着シーン初登場。
作画がもう少しきれいだと良かったなぁ。
OVAなんだから作画が(絵柄も水準も)安定してることを期待していたのに、
シリーズ全体を通してかなりばらつきがありますよね。ちょっとがっかりでした。

其之四「天魔蠢動」

「天魔(てんま)=四魔(しま)の一。
 人が善事を行なったり、真理に至ろうとするのを妨げる」、
「蠢動(しゅんどう)=こそこそとうごめくこと 」。
ナイフで心臓を一突きされても必殺技を撃てるヒュウガにびっくり。
さすがは八部衆。

其之五「尊鬼綴緝」

「尊鬼(そんき)=?(←八部衆のことを指しているのでは、と推測中)」、
「綴緝(ていしゅう)=つづり集める」。
ちびスクリミールの群れが恐いというか、気持ち悪いです。夢に出そう。

其之六「永劫回帰」

「永劫(えいごう)=きわめて長い年月」、
「回帰(かいき)=一周してもとへもどること」。
OVAの小説版を読むまで、あのラストは何だかよくわからなかったです。
一応、ハッピーエンド……なんだよね?
このOVA、次回予告の決め台詞は「闇の向こうに光はあるのか」だったのですが、
「光」……、あったのかどうか……。

(初出:2004.6/21)

Thanks for

visiting!

参考資料 | EDIT | TOP

本日の人気記事