人物考察:那羅王レンゲ

那羅王レンゲ 人物考察 < シュラト < TOP

八部衆の紅一点

  • よみがな:なーらおうーー
  • 声   :林原めぐみ
  • 所属  :八部衆
  • 神甲冑 :一角獣
  • 武器  :蓮華杖
  • 触媒  :植物
  • 必殺技 :那羅無双華、那羅朱霊華etc.

アニメ版では描かれ方が中途半端だった、ものすごく惜しいキャラ。
その分、小説版ではヒロイン並みの扱い。というか、ラクシュよりも目立ってます。
あかほり氏が「レンゲで『女の愚かさ』を書きたい」といっていたけれど、
その言葉どおり、「シュラト」の全女性キャラ中でいちばん「女」を感じます。
神将候補生になる時、長く伸ばしていた髪をバッサリ切ったのは、
女性は慣例的にほとんど髪を切らないという天空界においては
ものすごく大きな意味を持っていたと思う。
単に「女らしさ」を捨てる、ではなくて。
そして、他者に対する毅然とした意志表示だったんだと思う。

小さい時から憧れてたインドラ様が、自分の中でどんどん大きな存在になって、
それは反乱劇の真実を知ってからも変わらなくて……。
そのインドラ様が死んでしまった時、レンゲは、
戦う意味も生きる意味もなくしちゃったんだよね。
だから、心を閉ざしてしまったのでしょう。
エニックス版第6巻のラストでは、ヴィシュヌ様が癒しのソーマを飛ばしても、
レンゲはそれを受け入れなかった。
「彼女はヴィシュヌの温かさをも拒否したのだ」の一文は
読んでいて泣きそうになりました。
レンゲが哀しみを乗り越えて、元気を取り戻して、
幸せになるところを早く読みたいです。今のままでは辛過ぎる。
アニメ版でも、蘇生直後の哀しそうな横顔や、
ヒュウガたちに謝る神将の「インドラにだまされていたとはいえ……」という言葉に
うつむいた姿が忘れられません。

ところで、私はヒュウガ&レンゲ応援派であります。
別に、レンゲが(そしてもちろんヒュウガも)幸せになるのなら
相手が村人Aとかでも全然オッケーなのですよ。
でも、マリーチとは親友で、インドラ様への忠誠心も人一倍だったヒュウガなら、
レンゲも、レンゲの中で生きている友も恩師も、包んであげられるんじゃないかな。
手天島の戦いで決着をつける直前の、彼女のあの笑顔に惚れたと思うのです、ヒュウガは。

でも、この2人、結婚するまではものすごく時間がかかりそうです。
レンゲはあんな性格だから、「甘える」っていうことは下手だと思うし、
ヒュウガが自分のことを何かと気にしてくれても
「友として」「責任感から」励ましてくれるんだと解釈しちゃいそうだなぁ。
ヒュウガも、レンゲを女の子として見るようになったとしても、
そんな自分に気付かずにいたりしてね。あの人ちょっと鈍いから。
それに2人とも頑固者だから、夫婦喧嘩をする時も、どちらかが倒れるまで続けそう。
何しろ殺し合った仲ですからね、一度ならず二度までも(小説版)。

やー、でもほんと、レンゲには幸せなお嫁さんになって
幸せなお母さんになってほしいなぁと思う。
「女の幸せ」と「結婚・出産・子育て」が直結しているとは思わないけれど、
幼い頃から「父親」や「母親」に憧れていたレンゲにとっては
そういうの、幸せなんじゃないかな。
そして、インドラ様とマリーチがレンゲの子として転生してくれたら
私の野望はもう・完・璧!

んー、でもでも、レンゲとヒュウガじゃやっぱり真面目同士で大変かもなぁ。
端から見ていて安心なのは、やっぱりマリーチとかな、性格的にバランスとれてるし。
そうそう、私は年の差カップルも大好きなので、インドラ様とでももちろんオッケーです。
ただ、レンゲのインドラ様に対する想いって、
例えば「お嫁さんになりたい」とは違って、
「ずっと見守っていてほしい(=「父親」でいてほしい)」が根本にあると思うから、
このカップリングにはほんとうは少し違和感があるんだけれど……。
インドラ様の方も、レンゲが自分に何を求めているかわかっていたと思うし……。

ああー、それはともかく、
押し寄せる運命の荒波(by「アイドル伝説えり子」)を乗り越えて
レンゲには絶対絶対幸せになってほしい!

(初出:2003.2/10)

人物考察 | EDIT | TOP

本日の人気記事

カテゴリ一覧

天空戦記シュラト(13)
 人物考察(39)
 小説版第二部予想(8)
 先代八部衆 +(18)
 参考資料(49)
俺の屍を越えてゆけ(14)
イラスト(35)
ノート(6)