雑誌&付録【1】:Newtype

雑誌&付録【1】:Newtype 参考資料 < シュラト < TOP

  • 「月刊Newtype」
  • 発行元:角川書店
  • 判型:変型判

当時お世話になったアニメの情報誌・その1。
描き下ろしのセル画が「シュラト」に限らず綺麗で
自分好みのコラムや読み物もたくさん載っていたので、
放映終了後も長いこと買っていました。
確か、まだ私が購読していた頃に
いつも表紙の右上隅にいたアルマジロが消えたのでしたっけ。
(でも、そもそもこのアルマジロは何者だったんだろう。マスコットキャラ?)
また、現在は全ページオールカラーとなっています。

収納の問題もあり、一度は全て処分してしまいましたが、
シュラトキャラが表紙を飾った号のみ中古で再び入手しました。
ここでは、主に「シュラト」関連の記事や付録についてメモしておきます。
以下の見出しの括弧内は
「表紙セル原画制作アニメーター:描かれたキャラクター名」です。

1989年9月号(松尾慎:シュラト)
特集内イラスト(セル原画): 菊池通隆etc.
付録ポスター:「天空界八部衆」(奥田万つ里)
とじ込み付録:カセットレーベル(旧EDイラストより)

表紙のシュラトに一目惚れ。
精悍なイメージで、とにかくかっこよすぎます。
それまでこの雑誌の存在すら知らなかったのですが
この号から毎月買うようになりました。
誌上人気アンケートの結果が発表されていて、
1位=レンゲ、2位=レイガ、僅差で3位=ガイ、とあります。
モノクロページでは設定資料も掲載。第一部のキャラはほぼ全員登場しています。
(……あ、でも、先代八部衆はいるのにマユリ&サラスがいない!)
付録ポスターのイラストは、新EDでも使われていたヴィシュヌ様&八部衆の絵柄です。
当時ふすまに貼って毎日眺めていましたよ-、懐かしいなぁ。
そして、裏表紙にはシュラトのプラモの広告が。
ん? よーく見たら、ヒュウガだけお顔の塗装が未完成……。

1989年12月号(奥田万つ里:レンゲ)
特集内イラスト(セル原画):川元利浩、青木哲郎etc.

巻頭から計8Pに渡り特集が組まれています。
女性キャラにスポットを当てたページが、個人的にはうれしい(「女たちの天空殿」)。
でも、この見開きイラストのラクシュは
ちょっと性格が悪そう……。そ、そうでもないですか?
あと、レンゲはちょっと幼めに描かれていますね。
次ページにはデコラティヴなレイガさんもいます。
そして、この号で私がいちばん楽しめたのは
「天空界のコトもっと知りたい!!」(=天空界の地理図解)でした。
天空樹の俯瞰図に、物語の舞台となった場所や重要ポイントの解説がついています。
わかりやすくておもしろいです。

1990年2月号(出渕裕:ガイ)
特集内イラスト(セル原画):川元利浩、後藤隆幸etc.

この表紙、ちょっとオリジナル風味が強くて、言われなきゃガイってわかんないよー。
「美形!」って感じに描かれててうれしいんだけれど。
さて、この号の巻頭特集も「シュラト」です。
シュラト&ガイのイラストがお気に入り。
ニ面八臂というのかな? それぞれの腕が八部衆全員の武器を携えているのです。
不思議でちょっと怖くて、でもすんごいかっこいい。
第2回キャラクター人気投票の結果発表もありますね。
デーヴァ神軍編では1位=レイガ、2位=ヒュウガ、3位=レンゲ、
アスラ神軍編では1位=ガイ、2位=アカラナータ、3位=ビカラ、となっております。
その他、「第36話誌上再構成」や、奥田万つ里さんへのインタビューも掲載。
子ども時代のお話もちらっと伺えて、興味深いです。

(初出:2005.4/25)

参考資料 | EDIT | TOP

本日の人気記事

カテゴリ一覧

天空戦記シュラト(13)
 人物考察(39)
 小説版第二部予想(8)
 先代八部衆 +(18)
 参考資料(49)
俺の屍を越えてゆけ(14)
イラスト(35)
ノート(6)