小説【1】:エニックス文庫版

小説【1】:エニックス文庫版(既刊6巻) 参考資料 < シュラト < TOP

  • 「小説 天空戦記シュラト」
  • 発行元:エニックス(1989~1991年)
  • 著:あかほりさとる
  • 表紙・口絵イラスト:奥田万つ里
  • 本文イラスト:沢田翔(1~5巻)、美崎猛(6巻)

個人的には必須アイテム。
これがなければ、ここまで「シュラト」に深入りしていなかった(断言)。
TVシリーズは海外でも放映されたり
ビデオやDVD(海賊版?)が出回ったりしているようですが、
さすがに小説版は翻訳されていないようですね。
それを思うと、自分は「シュラト」原産国に生まれて
ほんとうにラッキーだったなぁ、としみじみ思います。

著者のあかほりさんとは、TVシリーズで文芸担当をしていらした方です。
そしてこの小説版は、彼の小説デビュー作でもあります。
全10巻予定とのことですが、第6巻まで(TVシリーズでいう第一部編に相当)で
執筆が止まっていることはあまりにも有名。
ちなみに、どうやらエニックス文庫自体すでになくなってしまったとか。
なので、「既刊6巻」ではなく「全6巻」とした方が正しいのかも知れません。
でも、そう書いてしまうと
スニーカー版の方まで永遠に未完のまま消えてしまいそうな気がして、
不吉なのでやめました。はぁぁ(ため息)。

各巻タイトルの四字熟語は、TVシリーズのビデオ各巻に付けられた二字熟語と
それぞれ呼応しているようですね。
内容については、すでに当サイトのあちこちでさんざん語っているので、
ここでは、初めて読んだ頃の思い出話などをメモしておきます。
以下の見出しの括弧内は
「表紙に描かれたキャラクター名|口絵に描かれたキャラクター名」です。

1.「修夜転生」
 (シュラト&ガイ)

「修夜」の意味に気付くまで5年近くかかった私って……。
辞書まで引いちゃっておまぬけさん。
やー、ある日突然「=『修羅王&夜叉王』」と天啓のごとく脳裏にひらめいたのです。
あの時の心境はまさに「WATER ! 」(byヘレン・ケラー)。
だ、だってそんな、いきなり略されてもわかんないわよぅ!

2.「魔破隘路」
 (マリーチ・レンゲ・シュラト・ガイ)

「魔空山編」。
マリーチの言動がいちいちキザでかっこよくて、
恥ずかしい思いをしつつも一気に読んでしまいました。
小説版オリジナルキャラがいよいよ動き始めて
TVシリーズとは大きく変わりそうな予感がしたのもこの時。
心の底から「早く続きが読みたい!」と思うようになりました。

3.「戦鬼邂逅」
 (ガイ)

「手天島編」。
第2巻と比べて、ストーリー的にはTVシリーズと大差ない展開だったので、
当時はほんの少しがっかりしてしまいました。
でも、今は、あのまま変えずにいてくれて良かったと思っています。

4.「不抜大我」
 (ラクシュ・レンゲ・サティ|ミトラ様&カーリー)

「蓬莱山編」。
第4巻は語るべきことが多すぎて……!
「序章 反逆者」を読んで、小説版に本格的にのめり込みました。
「だんだんと激しく」にはびっくりしたなぁ、もう。
そしてサティさん大活躍(大暴れともいう)。ニリハリも小活躍。
ラクシュもがんばってたよねぇ。
その他、カーリーの素性が明らかになったりレンゲの過去のエピソードが出てきたり、
と女性キャラの見せ場が多くてうれしかったです。

5.「苦界彷徨」
 (シュラト&ガイ|レンゲ)

「人間界編」。
口絵のレンゲ&一角獣が幻想的で素敵です。
見開き挿し絵のツインテールなラクシュも可愛い。
インドラ様&レンゲの出逢いと再会、そして「大戦」時のアナンタの最期など、
重要なエピソードが盛り沢山で、ほんとうに目が離せなかった。
マユリ&サラスの過去話もとても好き。
この2人が一緒に行動しているところを、もっと読みたかったなぁ。

6.「刹摩哀史」
 (レンゲ|シュラト&ガイ)

とにかく辛くて哀しい、第一部のクライマックス。
表紙を見て不安になって、読み終えてからまた表紙を見て、泣きそうになりました。
リョウマの死はTVシリーズと同じなので耐えられたけれど、
インドラ様の過去が重すぎて……。
あとはもう、とにかくレンゲ。
あんなところで物語を止めてしまうなんて、ひどすぎるよ……。

(初出:2004.9/20)

参考資料 | EDIT | TOP

本日の人気記事

カテゴリ一覧

天空戦記シュラト(13)
 人物考察(39)
 小説版第二部予想(8)
 先代八部衆 +(18)
 参考資料(49)
俺の屍を越えてゆけ(14)
イラスト(35)
ノート(6)