カセットブック【2】:天空界劇場

カセットブック【2】:天空界劇場 参考資料 < シュラト < TOP

  • 「Animate Cassette Collection 09
      天空戦記シュラト【2】 天空界劇場」
  • 発売元:ムービック(1990年)
  • 脚本:赤堀悟、渡辺誓子、関島眞頼、岸間信明
  • ジャケットイラスト:摩尼華王マユ、朱夏王セオ
  • 収録時間:約65分

これ、おもしろいよ! おすすめ!
カセットブック第2弾、ギャグドラマ編です。
レギュラーメンバー総出演で、隅から隅まで大笑いさせてくれます。
ただし、相変わらず突っ走ったネタもちょこちょこ出てくるので、
そういうのがほんとうにダメな方はご注意を。
ちなみに私は、ギャグドラマの中ではこれがいちばん好きです。

下にまとめた5本の他、幕間に「天空界ミニ劇場」が数本入っています。
「中間管理職」が特に好きだなぁ。
そして最後には、出演したみなさんによるひとことメッセージが収録されていて、
それもまたうれしかったです。

そういえば、これには「八部衆の護符」がおまけとして付いていたそうですが、
私は残念ながら現物を見たことがありません。
トレカみたいなものだったんでしょうかね?

第一幕「奥様、好きにして」&
第二幕「やめて、主人が帰って来ちゃう」

TVシリーズ第1・2話のパロディ。
「ふぁーすときすはいんどらさま!と心に決めていたのだ」
のレンゲが可愛くておかしくて……。
そのあたりの天龍コンビとのやりとりも好・き・だー!
「迦楼羅舌先三寸」も素晴らしい。レイガさん、天晴れです。

第三幕「シュラトよ!芸能レポーターの星となれ」

「根気と元気と脳天気」(byヴィシュヌ先輩)という名フレーズが聴けるのはここ。
ヴィシュヌ様(というか島本さん)、何だかとってもイキイキしてますよ!
ここでのヴィシュヌ様の可愛らしいお声に耳が慣れてしまうと、
DVDで本編を見た時に微妙に違和感が……。
あと、全体的なことをいえば、
「キャラクターによる座談会」的な台詞があちこちに出てきて楽しいです。

第四幕「高速増殖!涙の変態指数」

禁断の聖地ガステガにて、
人格の入れ替わってしまったシュラト・ガイ・レイガ・ラクシュ。
声優陣の芸達者ぶりが見事です。すごいよね。
ラストでは、ガイ&ヒュウガやレンゲ&アカラナータも入れ替わってしまいます。
そうそう、ヒュウガの
「あいつら(=シュラトたち)は放し飼いにしておくと、
 どんな恥さらしな真似をするかわからん!」
という台詞、ものすごく受けました。ぶふっ。

第五幕「なんて素敵に天空界!」

平安時代風のパロディ。
タイトルも某人気作からとったのでしょうね。
ここではアカラナータがちゃっかり光源氏の役に就いているのですが、
そういうところ、とっても彼らしいなぁと思います。

(初出:2004.9/6)

参考資料 | EDIT | TOP

本日の人気記事

カテゴリ一覧

天空戦記シュラト(13)
 人物考察(39)
 小説版第二部予想(8)
 先代八部衆 +(18)
 参考資料(49)
俺の屍を越えてゆけ(14)
イラスト(35)
ノート(6)