マイ設定メモ【1】:形見の簪

マイ設定メモ【1】:形見の簪(かんざし) シュラト < TOP

my01.jpg

父と母の思い出の品

サティさんが身につけている簪について、
TVシリーズ放映時からぼんやりと
「母親の形見」というイメージを勝手に抱いていました。
いつの間にやら、その妄想設定が育ってしまい、
気付けばサティ&レンゲ姉妹のご両親のなれそめ話に
発展していて、あれれれれ?
でも、まぁ、せっかくなのでここでもひっそりと公開しておきます。

余談ですが、マイ設定を温める時は
その親世代・祖父母世代、
もしくは子ども世代などについても試しに考えてみるのが
すっかり習慣となっています。
学生時代に、とある講義で
「家族間の問題などの症例研究をする時は
 3世代ほどさかのぼって調べることが必要だ」
と習って、個人的に深く納得するものがあったので。
常にきっちり設定を作り込む、というわけではありませんが、
こういう設定の練り方をすると、妄想に説得力が出る気がします(当社比)。

天空樹第七楼にある輝山カテ村で、とある少女が暮らしていました。
少女がまだ15、6歳だった頃に、天空殿からカテ村へ
まだ年若い1人の神将が警備兵として派遣されてきたことが、
そもそもの始まりでした。

村の少女と若い神将が出逢って、いつしかお互いに想い合うようになり、
何やかんやでお付き合いが始まります。
(ありがちだけれど、お弁当を毎日届けるとか、
 森の奥で怪我して動けなくなっていたところを、助けてもらったりとか)
将来について、2人が少しずつ真剣に考えるほどにその仲が深まった頃、
どこか遠方の村からその神将に応援要請が出て
(迷い水が出たぞー! とか、巨岩兵だー! とかで、被害が出たり復興支援なんかで)
(すみません適当です)
数ヶ月ほどカテ村を離れることになってしまうのですよ。
しばらく会えなくなってしまう、という状況になったことで
少女に対する自分の気持ちをはっきりと再確認したその神将は、
ついに意を決して彼女にプロポーズをします。
「水晶の祭りの日までには必ず帰るから、
 もしも自分の想いを受け入れてくれるのならば
 祭りの晩にはこれを身につけてほしい」
との言葉とともに、
彼女の瞳と同じ色に輝く小さな宝玉のついた、1本のかんざしを手渡して。

そして、年が明け、朱の月10日の祭りの晩、
ようやく任務を終えて無事にカテ村に帰ってきたその神将は
祭りの賑わい中から最愛の少女の姿を探し出します。
彼に気付いた少女は、ぱっと頬を染めると
少し恥ずかしそうにうつむき加減になってしまいました。
初めて結い上げたその髪を、彼があの日贈ったかんざしが飾っています。
それを見た彼は、幸せそうな微笑みを浮かべて、少女をそっと抱きしめるのでした。
めでたしめでたし。

いやー、めでたいですね! 私の頭が!
まるで見てきたように語っていますが、これ全部妄想だからね!
一応、「父親は神将」「かんざし」「水晶の祭り」
「天空人の女性は18歳を越える頃に髪を高く結い上げる習わし」
という公式設定を盛り込んでいるから、マイ設定としては私は満足です。
思い付いちゃったものは仕方ないよね。ね?

ん? ということは、
「母親の形見であり、かつ、父親の形見でもある」
という思い出深い大切な品を、サティさんは復讐を成就させるために
使おうとしたわけですね(第14話)。一瞬だけど。
…………。
いや、いいぞいいぞ! それでこそ我らのサティさんですよ!

(初出:2012.6/13)

シュラト | EDIT | TOP

本日の人気記事

カテゴリ一覧

天空戦記シュラト(13)
 人物考察(39)
 小説版第二部予想(8)
 先代八部衆 +(18)
 参考資料(49)
俺の屍を越えてゆけ(14)
イラスト(35)
ノート(6)